そらいろデンタルクリニック

MENU

マイオブレイス療法Myobrace

マイオブレイス療法とは

マイオブレイス治療は乳歯と永久歯が混在する3~12歳ころのお子様を対象とした予防型矯正です。 マウスピースのような器具を使って歯並びを整えたり、口呼吸や舌突出癖などの口腔習癖と呼ばれる悪い癖の改善を行うトレーニングを行なったりします。 顎を正常に発育・成長させて、正しくきれいな歯並びにしていく治療法です。

マイオブレイス療法のメリット

器具の装着が日中の1~2時間と就寝時のみなので、見た目が気にならない。

歯を抜かなくていいので身体に負担が掛からない。

ブラケット矯正と比べて経済的。

お口周りの筋肉や骨の発達を促しているので後戻りが少ない。

正しい口呼吸や燕下などを身につけれるので健康的な身体の発達を促せる。 など

マイオブレイス治療は歯をきれいに並べることだけではなく、悪い癖の改善をや顔の正しい発達も目的としております。悪い癖の例としては
・爪や唇を噛む
・指しゃぶり
・口呼吸
・片側だけで食べ物を噛む
・舌で歯を押す
・頬杖をつく
などがあります。これらの悪癖を続けていくと歯並びだけではなく、顔の筋肉や骨格に異常をきたしたり、かみ合わせがうまくいかなかったりと様々な影響を及ぼす場合があります。
生涯健康なお口で過ごすためにも子供の頃からお口のメンテナンスを行ってみませんか?

治療の流れ

※完全予約制。事前にご予約のご連絡をお願いいたします。

相談

お子様の歯並びのお悩みや心配事、噛み癖などの悪い癖など細かくお伺いし、治療の進め方などをご説明します。

精密検査・診断

口腔写真やレントゲン、問診などを矯正治療に必要な検査を行います。

治療のご提案

精密検査の結果から治療プランを立案します。もしマイオブレイス治療が適切でない場合は他の治療法についてもご提案いたします。

治療開始

日中1時間と睡眠時間にマウスピースを装着して過ごします。また口腔習慣の改善のために、ご自宅で呼吸や飲み込みのトレーニングを行います。

経過報告・アフターフォロー

月1のご来院の際には歯並びチェックとトレーニングの状況を確認します。治療期間は約2年間です。

よくあるご質問

Q.マイオブレイスと他の矯正との違いは?

A.歯の矯正で最もよく聞くブラケット矯正と比較すると、ブラケット矯正は成長期を超えた場合でも可能な治療法で、固定式なので勝手に外されることはありません。 一方で矯正装置が目立つ、痛みが生じる、抜歯が必要になる、効果は歯列の変化のみ、費用が高額などのデメリットがあります。
マイオブレイスはマウスピースと口腔トレーニングでの治療なので、矯正していることがわかりにくい、歯並び以外の問題も改善される、治療による痛みが基本的にない、費用が比較的安価で済む、といった特徴があります。 ただし、適齢期である乳歯・永久歯が混在する時期を逃したり、トレーニング指導を守れなかったりする場合は効果が得られにくいので万人向けではありません。

Q.小児矯正では1期治療、2期治療とありますが、マイオブレイスはどうなの?

A.マイオブレイスでは多くの場合2期治療を必要としません。永久歯がきれいに生え揃う土台をつくれるため、2期治療として行われるワイヤー矯正をしなくて済むようになるからです。
代わりに必要なトレーニングなどを疎かにした場合、期待した効果が得られません。その場合は追加で矯正が必要になることもあります。

Q.治療を途中でやめてしまった場合は?

A.治療を途中でやめてしまってもマイオブレイスを再開することは可能です。
もし、どうしてもお子さまの協力が得られずトレーニングを続けられない場合、治療計画の立て直しを行いますのでご相談ください。

そらいろデンタルクリニックSorairo Dental Clinic

〒011-0911 秋田市飯島堀川10
Tel. 018-838-1707

【 駐車場完備 】

診療時間
8:30〜12:00 - -
14:00〜18:00 - -

※火曜日、日曜日、祝日は休診します。